トップページ > 解説:青汁の治癒力「ビタミンK不足には青汁」

残念ながら、現代人の多くは胃の中の塩酸のレベルが十分ではありません。胃酸の分泌量は病院で検査できます。
食事をしっかりと噛まない人胃酸レベルが低い人は、野菜をだんだん嫌いになる傾向があります。
これは、人間の体の防衛反応で、「野菜を食べても消化できず、消化器官を酷使することになるから、なるべく食べさせないために苦手にさせよう」という体からのメッセージです。
それが悪循環につながります。そこで、まとまった量の野菜を液体状にする「青汁」という選択肢が出てきます。

青汁の治癒力「ビタミンK不足には青汁」

ビタミンK不足は、次の病気や症状と関連する可能性があります。

・皮膚癌

・肝臓癌

・重度の月経出血

・鼻血

・出血

・あざができやすい

・骨粗鬆症

・血腫

ビタミンK不足は、次の先天性欠損症と関連する可能性があります。

・指が短い

・カップ状耳

・鼻、口、顔面中央の発育不全

・知能発育不全

・神経管欠損症

しかし、米国農務省のレポートには、ビタミンKについて「最も研究されていないビタミン」としか書かれていません。

すべての野菜は、この見落とされている重要なビタミンKの宝庫です。

ビタミンKは、人間の健康に欠かせない無数の栄養素のうちの1つです。

今日、栄養が不足していること、そして体内に毒素が蓄積されていることはもはや珍しいことではありませんが、毎日の食事に葉野菜を取り戻せば、健康の衰退に歯止めをかけられます。

そのための最適な方法が、青汁なのです。

(続く)

さてこれから青汁の魅力について色々とご案内していきたいと思いますが、青汁のネックといえばクセのある味です。

しかし最近では初心者には飲みやすい抹茶味タイプのものも販売されていますね。ご興味がある方はご検討ください。

>>>最新の青汁比較ランキングはこちら

目次

トップページ
青汁の口コミ比較ランキング2018年10月更新
青汁の治癒力

口コミを投稿する