トップページ > 解説:青汁の治癒力「子どものための青汁(3)」

残念ながら、現代人の多くは胃の中の塩酸のレベルが十分ではありません。胃酸の分泌量は病院で検査できます。
食事をしっかりと噛まない人胃酸レベルが低い人は、野菜をだんだん嫌いになる傾向があります。
これは、人間の体の防衛反応で、「野菜を食べても消化できず、消化器官を酷使することになるから、なるべく食べさせないために苦手にさせよう」という体からのメッセージです。
それが悪循環につながります。そこで、まとまった量の野菜を液体状にする「青汁」という選択肢が出てきます。

青汁の治癒力「子どものための青汁(3)」

すでに野菜への抵抗を持っている子供には、透明ではないコップに入れて、他のことに集中しているときに飲ませてみます。

緑色に気づかずにおいしさを味わえば、大好きになるかもしれません。

多くの場合、大人以上に子供は青汁が好きです。子供たちが甘くてマイルドな青汁しか飲まないのは最初だけで、すぐに野菜がたっぷりの青汁を飲み始めます。

青汁は短時間で簡単に作れるので、子供たちの食事に加えることに興味を持つ教育者や母親が増えています。

私の家族は、多くの学校を訪れて子供と先生たちに青汁の作り方を教えてきました。

青汁の味見をして、健康への効果について聞くと子供たちは自分で青汁を作りたがります。

お子さんに健康的な食事について教えれば、逆に青汁を作ってくれるようになるかもしれませんよ!

(続く)

さて青汁に興味を持たれた方にネックとなるのがクセのある味です。

しかし最近では初心者には飲みやすい抹茶味タイプのものも販売されていますね。ご興味がある方はご検討ください。

>>>最新の青汁比較ランキングはこちら

目次

トップページ
青汁の口コミ比較ランキング2018年10月更新
青汁の治癒力

口コミを投稿する