トップページ > 解説:青汁の治癒力「質問:食べられる雑草はどのように見分ける?」

残念ながら、現代人の多くは胃の中の塩酸のレベルが十分ではありません。胃酸の分泌量は病院で検査できます。
食事をしっかりと噛まない人胃酸レベルが低い人は、野菜をだんだん嫌いになる傾向があります。
これは、人間の体の防衛反応で、「野菜を食べても消化できず、消化器官を酷使することになるから、なるべく食べさせないために苦手にさせよう」という体からのメッセージです。
それが悪循環につながります。そこで、まとまった量の野菜を液体状にする「青汁」という選択肢が出てきます。

青汁の治癒力「質問:食べられる雑草はどのように見分ける?」

毎日メールで青汁に関するさまざまな質問が寄せられます。よく聞かれる質問への答えをまとめました。

Q:食べられる雑草はどのように見分けられますか?

自然の中には毒性のある植物が存在するため、野草を収穫する際には十分に注意する必要があります。

近くの図書館や書店で、住んでいる地域について書かれている本を探してみましょう。

私が住む南オレゴンで見つけられるいくつかの野草は、他の地域とは異なります。

まずは、世界中どこでも生えている一般的な野草について学びましょう。

例えば、オオバコ、タンポポ、ハコベ、マイナーズレタスやイラクサなどは、栄養価が高く、見つけやすい野草です。

地域ごとに見つけられる野草について書かれた本もあります。

インターネットでも野草や雑草に関する情報が調べられます。

オオバコは、タンパク質、ビタミンAとDが豊富でコレステロール値と血圧を下げる働きなどがあるといわれています。

画像検索をすれば、たくさんのオオバコの写真が出てくるので、簡単に探せるはずです。

(続く)

さて青汁に興味を持たれた方にネックとなるのがクセのある味です。

しかし最近では初心者には飲みやすい抹茶味タイプのものも販売されていますね。ご興味がある方はご検討ください。

>>>最新の青汁比較ランキングはこちら

目次

トップページ
青汁の口コミ比較ランキング2018年10月更新
青汁の治癒力

口コミを投稿する