トップページ > 解説:青汁の治癒力「緑の葉は最も栄養価が高い食べ物」

残念ながら、現代人の多くは胃の中の塩酸のレベルが十分ではありません。胃酸の分泌量は病院で検査できます。
食事をしっかりと噛まない人胃酸レベルが低い人は、野菜をだんだん嫌いになる傾向があります。
これは、人間の体の防衛反応で、「野菜を食べても消化できず、消化器官を酷使することになるから、なるべく食べさせないために苦手にさせよう」という体からのメッセージです。
それが悪循環につながります。そこで、まとまった量の野菜を液体状にする「青汁」という選択肢が出てきます。

青汁の治癒力「緑の葉は最も栄養価が高い食べ物」

植物は、種が形成されている遥か前から栄養素の貯金を始めます。

栄養素を貯蓄する最適な場所は、葉っぱ以外にありません。

よって、緑の葉はこの地球上で最も栄養価が高い食べ物となるのです。

「植物の中で一番栄養価が高い部分は種ではないのか?」と疑問に思うかもしれません。

種子は確かに栄養価が高いと言えます。

ですが、植物は自分の大切な「赤ちゃん」を誰にも食べられたくありません。

そこで、種を守るために様々な種類の抑制物質やアルカロイドなどの毒性を持つ物質で種を覆います。

葉野菜を収穫するベストタイミングは、種が作られる直前です。

葉の栄養分が最も凝縮され、栄養価が高くなる時期だからです。

花が咲いた途端に、栄養素は種子の中に蓄積を始めます。

そして種子が落ちると、葉の中にはもう栄養素はほとんど残っていません。

黄色や茶色に変色し、苦く固くなり、やがて糞は枯れ落ちます。

そして、残された養分は土に戻り、植物は次の生育期に向けて休むことができるのです。

(続く)

さてこれから青汁の魅力について色々とご案内していきたいと思いますが、青汁のネックといえばクセのある味です。

しかし最近では初心者には飲みやすい抹茶味タイプのものも販売されていますね。ご興味がある方はご検討ください。

>>>最新の青汁比較ランキングはこちら

目次

トップページ
青汁の口コミ比較ランキング2018年10月更新
青汁の治癒力

口コミを投稿する