トップページ > 解説:青汁の治癒力「質問:1日の適正な野菜の摂取量は?」

残念ながら、現代人の多くは胃の中の塩酸のレベルが十分ではありません。胃酸の分泌量は病院で検査できます。
食事をしっかりと噛まない人胃酸レベルが低い人は、野菜をだんだん嫌いになる傾向があります。
これは、人間の体の防衛反応で、「野菜を食べても消化できず、消化器官を酷使することになるから、なるべく食べさせないために苦手にさせよう」という体からのメッセージです。
それが悪循環につながります。そこで、まとまった量の野菜を液体状にする「青汁」という選択肢が出てきます。

青汁の治癒力「質問:1日の適正な野菜の摂取量は?」

毎日メールで青汁に関するさまざまな質問が寄せられます。よく聞かれる質問への答えをまとめました。

Q:1日の適正な野菜の摂取量は?

野菜をサラダのような方法で噛んで食べるのと、青汁のような液体状にして飲むのには大きな違いがあります。

ブレンダーは食品を細かく粉砕できるため、歯で噛み砕いた状態よりも多くの栄養素を吸収できます。

高速ブレンダーの場合、植物の強固な細胞壁を破壊することも可能です。

一方、サラダで野菜を食べる際にはよく噛む必要がありますが、日常生活では食品の栄養素を十分に引き出せるほど、私たちは十分に咀嚼できていません。

さらに、オイルやスパイスを含むドレッシングは消化を妨げます。

サラタで野菜を摂るのであれば、1日2束(しっかりと詰めた状態で6カップ)食べることをお勧めします。

青汁であれば、その半量(1束=3カップ)で十分でしょう。

(続く)

さて青汁に興味を持たれた方にネックとなるのがクセのある味です。

しかし最近では初心者には飲みやすい抹茶味タイプのものも販売されていますね。ご興味がある方はご検討ください。

>>>最新の青汁比較ランキングはこちら

目次

トップページ
青汁の口コミ比較ランキング2018年10月更新
青汁の治癒力

口コミを投稿する