トップページ > 解説:青汁の治癒力「青汁の栄養価と実用性に勝る食べ物は存在しない」

残念ながら、現代人の多くは胃の中の塩酸のレベルが十分ではありません。胃酸の分泌量は病院で検査できます。
食事をしっかりと噛まない人胃酸レベルが低い人は、野菜をだんだん嫌いになる傾向があります。
これは、人間の体の防衛反応で、「野菜を食べても消化できず、消化器官を酷使することになるから、なるべく食べさせないために苦手にさせよう」という体からのメッセージです。
それが悪循環につながります。そこで、まとまった量の野菜を液体状にする「青汁」という選択肢が出てきます。

青汁の治癒力「青汁の栄養価と実用性に勝る食べ物は存在しない」

現時点での私の結論としては、スムージーとジュースは両方にプラスの面があります。

ジュースの最大の利点、は、最低限の消化活動で、すぐに血液に吸収されるという点です。

つまり消化器官を休ませることができます。この点は、深刻な栄養失調を抱える人や消化器官が過敏という問題を抱える人には適しています。

こういった症状を持つ人の多くは、食物繊維を一切受け付けないため、ジュースは重要な栄養源となり得ます。

葉野菜を絞った野菜ジュースは、がんやその他の変性疾患を持つ人にとって非常に有効であるという結果を見せてきました。

しかし私は、ジュースは「人聞にとって必要不可欠である抗酸化物質を含む食物繊維を欠いている“不完全食”である」と考える、栄養学の専門家でトップアスリー卜のアドバイザーでもあるDouglas Graham博士の見解に賛成します。

十分な食物繊維を摂取することで、排泄の機能が向上します。

大腸に溜まった毒素は、食物繊維によって排出されます。

体内の毒素が食物繊維によって取り除かれると、体は栄養素を吸収しやすくなり、消化機能も改善されます。

人聞はジュースだけでは生き続けることはできませんが、野菜スムージー=青汁は完全食なのです。

私もブレンダーが使えないときにジュースを飲むことがあります。

以前、自分が使っていたブレンダーを弟にあげてしまったときに、新しいものが届くまでの問、ジューサーで野菜を絞って飲んでいました。

すると、すぐに味のバラエティの少なさに飽きてしまい、青汁に比べて空腹になりやすいと感じました。

青汁は、とても満足感があります。数日間や数週間でも青汁だけを飲んで問題なく過ごせます。

数週間や数ヶ月聞に渡って、青汁以外は何も食べなかった人の健康状態が劇的に回復した例をいくつも見てきました。

ほとんどの人の日常的な習慣として、青汁は最適だと私は考えます。

短時間で作れて、おいしく、栄養豊富です。青汁の「栄養価」と「実用性」に勝る食べ物は、存在しません。

(続く)

さて青汁に興味を持たれた方にネックとなるのがクセのある味です。

しかし最近では初心者には飲みやすい抹茶味タイプのものも販売されていますね。ご興味がある方はご検討ください。

>>>最新の青汁比較ランキングはこちら

目次

トップページ
青汁の口コミ比較ランキング2018年10月更新
青汁の治癒力

口コミを投稿する