トップページ > 解説:青汁の治癒力「野菜をだんだん嫌いになる理由」

残念ながら、現代人の多くは胃の中の塩酸のレベルが十分ではありません。胃酸の分泌量は病院で検査できます。
食事をしっかりと噛まない人胃酸レベルが低い人は、野菜をだんだん嫌いになる傾向があります。
これは、人間の体の防衛反応で、「野菜を食べても消化できず、消化器官を酷使することになるから、なるべく食べさせないために苦手にさせよう」という体からのメッセージです。
それが悪循環につながります。そこで、まとまった量の野菜を液体状にする「青汁」という選択肢が出てきます。

青汁の治癒力「野菜をだんだん嫌いになる理由」

十分な栄養を備えている健康な人体は2つのプロセスでグリーンを液体化します。

1つ目は細かく噛み砕くこと、2つ目は胃酸と混ざることです。

残念ながら、主に亜鉛不足が原因で現代人の多くは胃の中の塩酸のレベルが正常ではありません。

胃酸の分泌量は病院で検査できますが、胃酸不足を自覚できる簡単なサインがあります。

子供の頃に気分が悪くなって嘔吐したときのことを思い出してみてください。

胃酸が喉にしみてしばらく痛かったという記憶はありませんか?

その後、大人になってから嘔吐したときはどうだったでしょう。

子供の時のように喉に焼けるような痛みを感じましたか?

それほど痛みを感じなかったのであれば、胃の中の塩酸レベルが下がったことを示しています。

食事をしっかりと噛まない人や胃酸レベルが低い人は、野菜をだんだん嫌いになる傾向があります。

これは、人間の体の防衛反応で、「野菜を食べても消化できず、消化器官を酷使することになるから、なるべく食べさせないために苦手にさせよう。」という体からのメッセージです。

それが悪循環につながります。

加工食品を食べる量が増えると、栄養が不足します。

その結果、胃酸の分泌が減少して、野菜を食べなくなり、さらに栄養不足が進行し、健康状態は悪化し続けます。

(続く)

さてこれから青汁の魅力について色々とご案内していきたいと思いますが、青汁のネックといえばクセのある味です。

しかし最近では初心者には飲みやすい抹茶味タイプのものも販売されていますね。ご興味がある方はご検討ください。

>>>最新の青汁比較ランキングはこちら

目次

トップページ
青汁の口コミ比較ランキング2018年10月更新
青汁の治癒力

口コミを投稿する